恋愛やめて生殖やめてボクシング始めたら超健康になった

就職して2年目で5回も引っ越した。同棲してた男の子にフラれて途方に暮れていたのをきっかけにボクシングジムに通うようになった。野方にあるそのジムは稽古の後、駄菓子を5つ選んで持って帰るという掟があり、駄菓子屋を兼ねていた。「お疲れ様っしたー」と、駄菓子の存在を忘れそうになっても、体格のいいコーチが「あ、お菓子、持って帰ってね!」と必ず忠告するのだった。ベビースターラーメン(うま塩味)とチロルチョコを毎回選んだ(ちなみにチロルチョコは2つで1カウントだった)。「駄菓子ングジム」だった。人生どん底かなぴっぷるな状態だったので、ひたすら無心で真っ赤なサンドバッグに拳を撃ちつけた。ちょうどその頃、安藤サクラ主演の映画を観た。自堕落な生活をしている冴えないアラサ―女が出会いと失恋と性暴力被害を機に、ボクシングに打ち込み自分を取り戻すという復活劇であった。リングの上で、対戦相手にボコボコにされて血だらけで、それでも這いつくばる安藤サクラを見ていたら、なんだが他人事に思えなかった。

f:id:kmnymgknunh:20150923000316j:plain

『百円の恋』

 

19歳の時に性暴力被害(追記:2017年に法改正有。当時の暴力は強制性交等罪に該当)に遭った。私たちが生きるこの社会では、肉体の所有者本人の意志を無視あるいは軽視して性的コンテンツとして扱うこと(境界線を侵害すること)が容認されている、としばしば思う。どんな容姿だろうと服装だろうと時間帯だろうとセクシュアリティだろうと年齢だろうと無関係に性犯罪に遭うリスクはある(マイノリティな属性を持っているほどその危険性は増すと言われている)。正直言って、自己防衛しきれない。特に力関係が不均等な相手から不意打ちをくらえば、抵抗しても勝てるわけがない。抵抗する気概さえ奪われて諦めるしかない場合だってある。襲ってくる相手は、見知らぬ相手とは限らない*1。信頼していたはずの人を信頼できなくなる瞬間、耐えがたい苦痛を浴びせられ、それを防げなかった自分自身を責めたくもなる。極端に思えるような言い方だけど、恋人間であろうと、相手が目の前で全裸だろうと勝手に触ってはいけない。でも、それってあんまり周知されていない。

 

”他人が全裸姿で目の前にいても、その身体の持ち主の許可なしに勝手に触ってはいけないんだけど、この世で女体持ちが肌を露出しているだけで「OKのサインだ」と一方的に解釈しお触りする輩がいて「不快」と伝えても「自己責任だ」とセカンドレイプが予測される為、涙もおっぱいもポロリだよ”

 

そんなポロリだらけの社会で、23年生きてみて、生殖機能があると、厄介だなーという感情ばかりが募っていた。コンドームは男側主体の避妊かつ失敗する確率が割とあるし、自分を守るための緊急避妊ピルも市販化されていないし、常用ピルだって海外と比べればハードルが高い(どちらのピルも産婦人科に行かないと処方されないし、値段も高い※2015年現在)。どうにかならんのかと色々調べた結果、覚悟して子宮内に避妊具を入れることにした。

 

kmnymgknunh.hatenablog.com

 

装着して半年以上経ったが、毎日が快適になった。経血量も激減したし、なにより自分の身体を自分で管理できているという感覚が強い。

卒論作成時にみかけた、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(産むか産まないかは国や第三者に強要されることなく、各自が選べる。そのための情報や手段、支援を得る機会を持ち、選択できる)」って、この事だったのか!と納得ができた気がした。同時に、自分が女の身体に産まれたことは何も悪いことじゃなかったのだなと、全身で理解したのだった。「社会的な立場の弱さと、個人としてのそれは別物だ」という言葉がすとんと身に染みた。私は自分の手で人生を選択できるという自信がみなぎった。目の前にある事実をただ受け入れ、愛せるようになってきているから不思議だ。

 

昔から、ブラジャーがどうしようもなく好きだ。ワコールにはいつもお世話になっている。引っ越し貧乏になってもブラジャーだけは定期的に購入している。最近はやっとスポーツブラからブラジャー用洗剤まで一通り揃えた。他人に見せるためではなく、自分だけで楽しむことに重きを置いている。より一層、自分の身体を愛でられる。就職してよかったと思うのはブラジャーに奮発できる点である。本当にこれに尽きる。美しい下着が、自分の肉体を肯定する道具となっている。

先週、尊敬しているお姉さんから、たくさんの下着が新居に届いた。「配偶者の有無関係なしに、幸せになってください」「つらいときは逃げること。命や健康が大切よ。」というメッセージに、涙が止まらなくなった。

 

そうなのです、結婚することにした(既に事実婚状態なので、現在進行形で結婚していると言って良いかもしれない)。

生い立ちとして、私の両親は完全分業家庭を選び大変効率は良かったんだけど、父が本当に頼りなく繊細なサブカルバンドマンみたいな感じだったので、母はパワフルウーマンにならざるを得なかった。それを教訓にして、自分の人生を他人任せにしない、生活力のある自立した人と共同生活が出来たらという願望があった。(冒頭にもあるように)私は恋愛が向いていないので、恋愛は捨てようと思った。そこで、知人に「利害を一致させて、結婚してくれませんか?」と申し出たら「面白そうだし、いいよ。」と返ってきた。そうして、そういうことになった。今年中に行政書士に相談し、「結婚契約書」を作成し、公証役場に提出できたらいいなと思っている。既存の法律(特に性的自由を制限する不貞行為の欄など)には、納得がいかないので、できる限り法律に縛られず、両者の合意に沿った夫婦関係を目指したい。

 

f:id:kmnymgknunh:20150923000407j:plain

(お姉さん、本当にありがとう。私も貴女の幸せを心から祈っています。
(ブログにてお返事となってしまい申し訳ありません。下着、大事にします。

 

 

引っ越すたびに、美味しいクリームパンとつけ麺と花屋さんを探す癖がついた。越した後は、機会がない限り、前の街に寄るのが億劫になるため、例えば、歯医者を前住んでいた所から変えない等して、強制的に機会を設けるようにしている。上京して、もう6年になる。思い出深い場所がたくさんできた。面白い人たちとも巡り会えた。そうして今日で24歳になった。まず、私は性格が悪くて乱暴な生き物だから、自己防御力があって、同じくらい戦闘力がある人と付き合っていこうと思う。本当にしょうもない奴ですが、仲良くしてくださる方、毎度ありがとう。そして今後ともよろしくお願いします。近所に美味しいパフェのお店があるので、ご案内します。人生レインボーうれぴっぷる。終しまい。

 

※2020年9月一部加筆修正

*1:強姦被害の7割以上は親族や恋人含む知人による加害だというデータもある